寒中ツーリング

 

先日の積雪で、バッテリーを外した~という方もいらっしゃると思います。

 

ワタクシは例年12月の根雪までは乗るので、まだまだ走る気満々だったわけで・・・

幹線がすっかりドライになったので今日は午前中だけひとっ走りしてきました!

 

降雪後の北海道での今時期のツーリングウェアは、アウターにコーデュラダウンジャケット。

無敵の温かさです。

 

インナーにはサイトスブルゾン、その下はロンT一枚です。

 

 

ボトムスは、レギンスの上にウォームスクランブラーパンツ。

 

これでだいたい3時間程度、郊外ツーリングを楽しんできました。

 

今日はあたたかかった(6度ほど)ので、この装備で余裕でした。

 

そして、帰宅後少ししてから(オイルの温度の塩梅を考えつつ)冬眠前のちょっとした整備をしました。

 

帰宅時は燃料満タン後、コックをオフにして走行し、ちょうどキャブのガソリンを使い切って帰宅したので、抜く手間はナシ。(これはキャブ車のハナシですが)

 

 

オイルもぬるくなってきてるし、さくっとオイル交換です。

(暖気してからと言いますが、抜くのは何もアチチ!な状態じゃなくてもOK)

ネジ類も洗浄OK!

以前、お客様に頂いたこのオイル、やっと使うことができましたよ~♬

ケンドル20w-50 ハイパフォーマンスオイル。粘度がいい感じです。

 

 

空気圧もOK~。

ワタクシの愛車R100はセンタースタンドなのでそこまで几帳面にならなくてよいとは思いますが、サイドスタンドしかないオートバイの場合は、冬眠前に空気圧を適正にしたほうが良い・・・らしいです!

 

オイルや空気圧やクラッチ調整、プラグ、ネジ類のゆるみ・・・

このくらいは自分でみたいですね。

自分でやってみると、必要な道具、準備や片付けも含めての手間がわかりますから、プロに整備代金を支払うのも「高い」と思いません。

そして、BMWの整備性の高さに惚れ惚れして、また自分のバイクが好きになる・・・と。

 

 

自分でできること、頼んだほうが良いことを把握するためにも、構造や仕組みを大雑把にでも良いので「自分の乗っているバイクのことくらいは知っておく」って大事なことだと思います。

多少の知識があれば、旅先のトラブルにも慌てずに済みますしね。

(ワタクシもかなーり大雑把にしか解りませんけれども!笑)

 

 

 

自分の命をのせているオートバイですもの。

メンテナンスも含めて、大事にしていきたいですし、男女関わらず、そのようなバイク想いのお客様であふれる当店にしていきたいと思います。