北海道の冬MFおすすめアウター(郊外版)

Down Jacket

オレンジダウンの画像、福岡店さまから拝借してしまいました。
メンズのお写真がなかなか撮れず、スミマセン貸して下さい!

 

Max Fritzウィンターラインでの最強最暖クラスといえば、やはりダウンジャケットです。

わたくし、もう3度ほど自宅洗濯機でお洗濯(通常モード)していますが、ピンピンしております。

 

何故そんなに洗濯するのか・・・?

冬キャンプすると、スモーキーなおいにーがするから、です(笑)

あとは、日焼け止めやファンデーションや皮脂がついてる襟元がチョイと苦手で・・・。

あんまり格好良いものでないですよね。

使えば汚れるのは当然ですが、不潔なのはやだなーと。
なので、気軽に洗えるMFウェアは本当にお薦めです。

 

 

真冬日(一日じゅう気温がマイナス)は北海道では珍しくもなんともありません。

寒くないか?んー、慣れちゃいますよね(笑)マイナス3℃、あったかい。って感じです。

0℃!夏じゃん!みたいなノリです(笑)

寒い所だからこそのパウダースノーは絶品!

 

ゆえに、こんな乗り物も楽しめます。「スノーバイク」

前輪部がスキーのようになっており、後輪部がキャタになっております。

 

スノーモービルでも困難な場所でさえ走破できる機動性は、本当に秀逸です。

私はヘナチョコですが、国際A級ライダー源治さんの後ろに乗ると、スゴさ(技とモノの両方!)が体感できます!

お陰様で、ルスツ竹山頂上から、洞爺湖と太平洋を望むことができました!

山の麓から頂上まで、あっという間のパウダースノーツアー。

白銀のきらめきが広がり、現実の世界じゃないみたいでしたよ。

 

 

 

 

・・・と、こんな雪国ならではのアウトドアですが、着るものといえばスキーウェア?はたまた厚手のフリースonウィンドブレーカー?クルマの中で上下着替えて~・・・って感じになると思います。

そこはやっぱりMax Fritzの出番♪

 

この日は

タートルネックインナー+ネルシャツ+コーデュラダウンジャケット / タイツ+ウォームパンツ

以上!

防寒着とはいえ、しっかりとバイクウェアですので、動きやすく、クルマの中でもゴワつかず

寒くないのに分厚くない。本当に優れものです。

アウターもボトムも、防風防水透湿フィルムが挟み込まれていますので、

雪の中を爆走してパウダースノーがふりかかっても、本当に寒くないのであります。

 

凍りついた雪たちをベリベリはがして、着替えいらずで帰りのコンビニも悪目立ちせず、楽勝です。

冬の普段使いにはバス待ちや雪まつり、氷濤祭りなど、外メインの時が特に御勧めです。

 

Max Fritzのウィンターライン、是非お試しあれ!!!

(乗り出しまで待とう、というお客様もいらっしゃいますが、商品のサイズ・色が無くなってしまいますので、お早目にご来店くださいませ♪)

 

 

 

                         ↓ オマケ (・・・・・・オマケ???)

 

 

デモ走行に御参加させて頂きありがとうございました!

 

Husqvarna北海道 さま

KTM札幌 さま

国際A級モトクロスライダー 源治篤 さま

御参加のみなさま!

 

大変お世話になりました!