お帰り、Le MansⅡ

 

今年も、ルマンの姿がなかった事にお気づきの方もおられたと思います・・・。

 

 

色々あってよく覚えてないけれど、毎年入院していたLe MansⅡ

GUZZIエンジンは我が家に3台おりますが、別に「壊れる」類いのものではないですし。

こいつだけ変なんですよね。

モノが変なのでなく、「ツイてない」系の変。

いや、ある意味「もっている」のか?ってくらい。

 

 

部品交換した新品の部品が、初期不良品だったり。それも2回も。笑

コイルが二ついっぺんにデッドしたり。笑

 

今年の春は一発でエンジンもかかり、快調の極みだったんですよ。

快調のイタリア車っていうのは、修理の時期を忘れるくらい、本当に魅力があるんですよね。

アスファルトに吸い付くようなその走り。

腹の底に響くその音色。空冷ツイン、最高・・・!

 

しかし

「こんなに調子がいいなんて、逆に嫌な予感がする」

とは、内心思っていたんです。笑

 

やはり、7月1日に事件は起こりました。

駐車場内(私は不在)で、おばあさんに当てられるという・・・(^^;)

「なにか音はしたけど私?」ってなお婆さんを、周りの方がとめて通報してくださっておりました。感謝です。

 

で、11月初旬にすっかり美人になって帰ってきたのですが、

今年の冬のスタートの早さに、全然乗れないでいるという。

最近、高齢者の事故が多発しておりますよね。

 

 

わたくし、毎日運転している割には、車の事故は幸い未経験です。

が、バイクではこれで当てられたのが2度目で、どちらもご高齢者です。

 

ご家族にご高齢者のいらっしゃる方は、運転の様子がおかしいなと思ったら、人身事故を起こす前に対処していくべきだと思います。

免許証を失う事は喪失感が大きいですが、運転免許経歴書などもありますし。

自尊心を傷つけずに、やんわり提案するのもご家族の役目と思います。

 

車もバイクも、事故なく、運転を楽しんでいきたいものです。「誰にも迷惑かけていないさ」っていったって、そんなのあり得ませんしね。

この世から事故をなくすのは難しいでしょうけれど、せめてワタクシがお会いできた皆様。

Max Fritzウェアをご着用いただくお客様には、本当に無事故をお祈り、お願いいたします!

 

 

寒くなる一方ですが、新商品も続々はいっておりますので、是非遊びにいらしてくださいませ!