北海道ツーリングの装備

最近、各店舗テンチョーから、札幌店に頻繁に電話がかかってきます。

「お客様が北海道ツーリングに出かけるのですが、寒いですか?」という内容です。

 

日本は長いです。

東北とたいした変わらないだろうと思っておられる方。

道民は仙台の暑さ(というか湿度ですね)に驚くのですよ。

北海道は湿度が少なく涼しいです。

気温は暑い日の最高気温で夏日に到達するかどうか。真夏日になることは、一週間あるかないか。

これは道南・道央・内陸部のお話で・・・

 

道東は、20度前半のことがほとんどで、夜は10度台前半にまで気温がさがりますので、

半袖ではやってられません。薄手ダウンがあってもよいくらい。

キャンプ等で北海道ツーリングをお考えでしたら、道東を走る場合は関東の秋くらいに思っていただいて大丈夫です。

そして、道東がなおさら寒く感じるのは信号がない為。

ずーっと風にさらされるので、体感温度の確保のため、風の侵入を防ぐウェアがよいですよ。

 

道東を走るライダーさん、雨でもないのにほぼほぼカッパきてますもの(笑)

 

 

では、北海道の夏はいつなのか?

7月末〜8月初旬の1〜2週間じゃないですかね?

お盆をすぎたら、急に涼しい(寒い?)風が吹き始め、考えるのは冬のことです(笑)

ある意味では、北海道の秋は耐寒装備さえすれば、非常に快適なツーリングシーズンです。

食べ物はおいしく、交通量もさほど多くなく、キャンプしても虫も人も少ない・・・。

私はこの時期からが本番です。

 

★7月末〜8月中旬までの北海道ツーおすすめコーディネート★

 

【道央・道南】

ショートライディングパーカ + ライトシェルパーカ

 

【道北・道東】

ライディングパーカ + サイトスブルゾン

 

いずれも、食事や観光も踏まえ3シーズンパンツでよいと思います。

ただ、首元は薄手のストールやタオル等、風の侵入を防ぐものがあるとよいです。道東は霧が多いので、メットからのしずくが体に伝うのを防ぐのにも役立ちます。

 

 

★お盆以降の北海道ツーおすすめコーディネート★

 

【道央・道南】

ライディングパーカ + ライトシェルパーカ

3シーズンパンツ(ウォームパンツ一本あるとよいですね)

 

【道北・道東】

ライディングパーカ + サイトスブルゾン

ウォームパンツ

 

街からどれくらい離れるかによっても寒さは変わりますが、こんな装備なら間違いはありません。あくまで、地元民のちょろっとツーではなく、道外の皆様向けの装備です。やはり撥水性のあるライディングパーカ系が、ロングには一番よいと思います。

 

Max Fritzウェアは、洗濯機で洗えるウェアがほとんどです。もちろん上記でご紹介したライディングパーカも。ジャケットは大きいのでよしとしても、道中汚れたら是非お洗濯してください。

乾いたタオル1枚と一緒に乾燥機にいれれば、より早く乾きます。

何日もキャンプで燻されたパンツで、観光地の人の中にいくのも・・・。

ライダーはくさい、小汚いと言われるのはいやですもの。

 

そういった意味でも首にストールを巻くのは、ジャケットへの汗や汚れうつりの予防になってよいですね。

ストール2枚とパンツ2〜3本で、普通に洗濯できるのですから10日は軽くいけますね。

 

清潔に長期間ライディングができるのも、MFの素敵なところです!

キャンプも、買い物も、観光もいけちゃうライディングウェア!

Yes, Max Fritz !!